MENU

2月。それはチョコレートの儀式。

 

バレンタインデーというチョコレートの最大の儀式。

 

 

 

私はタイトル通りチョコレートがだいすきです。

 

チョコレートは世界を平和にし、人々を愛してくれる存在。なんて、大げさだけどこんなことを思ってしまいます。

 

 

 

私のチョコレートすきは赤ちゃんの頃からあります。

 

生後3ヶ月の頃、まだ幼かった私は母が買い物に行っている間に板チョコを3枚食べるという事件を起こしました。

 

 

 

母はとても驚き、素早くチョコレートを取り上げると大声で泣き始めたそうです、、、。

 

 

 

生後3ヶ月でそんなに食い意地をはっていたなんて、、聞くだけでとても恥ずかしいです笑笑

 

 

 

少し大きくなり小学生。小学生といえば友チョコがとても流行りましたよね。私はみんなのチョコレートがほしくてたくさん作ってたくさんもらいました笑笑

 

しかも、あまり話したことのない子にまであげて、チョコレートをねだりました。今となっては何してんだろって思います。

 

 

 

そんなこんなでもう20歳いまでもチョコレートすきは変わらないままです。

 

 

 

しかし、少し変わったといえばバレンタインデーは友達が作ったチョコレートをねだるのではなく自分で作って自分で食べることにしました。

 

 

 

もはや、バレンタインデーは自分へのプレゼントです笑笑